「取材」

昨年11月末、「表現のチカラ」のはだ一朗として取材を受けたものがネットに公開された。
取材をしてくれたのはフェリス女学院に通いながら、エコキャンパス研究会のリーダーで、RCE横浜 若者連盟のメンバーでもある菊地花梨さん。
そのきっかけをくれたのはNPO法人「横浜コミュニティデザイン・ラボ」の鈴木ゆりりさん。2人とも…僕とはふた回り以上歳下で、社会に向けて既に影響力を発揮している女子!

4/5位は喋っていたけど、1/5位は菊池さんの話を興味があって真剣に聞いていた。

「損をして得を取る」が出来ない人や、無駄や失敗を嫌って結局何もしない人が多い気がするんですよね

…と菊地さん。そんな言葉を聞いて、思い出すのは学生の頃の自分。
間違いなくレールの上を歩く…というか、動く歩道に立ってる位の感覚で居た。そんな言葉が頭に浮かぶ事すら無かったなぁ。

取材内容は「LOCAL GOOD YOKOHAMA」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。