「ご縁と変なテンション」

本当にひっっっっさりぶりに、テレビ局での収録に参加してきた。
テレビ神奈川の「吉田山田のドレミファイル♩」
メインキャストがミュージシャン吉田山田のお2人、進行してくれるのがタレントの麻生夏子さん
30分番組の中のワンコーナーで、番組が用意したゲストの名刺から色々妄想してその人が頑張っている事を当てようっていうものなんだけど、そのゲストでした。

放送は4月18日(土曜日)22時。

実はこの日、地元の地域ケアプラザで実施が決まっていたんだけど、それが収録直前にコロナで延期の知らせ。何というか…実施後の宣伝も楽しみにしてたのでとてもショックで、本番は何だか「変なテンション」でした。
でも、2015年にカンニング竹山さん主演の特殊詐欺啓発のCMがあって、そのバックミュージック『母のうた』をこの吉田山田のお二人が歌っていて、この機会に勝手に凄く「ご縁」を感じていたので、きっとその気持ちも「変なテンション」に加味されてたはず。

そしてこの素敵な「ご縁」を繋いでくれたのが、何と、所属する激富/GEKITONGの舞台監督でおなじみhigeさんの教え子、谷彩香さん。
「ご縁」を繋いでくれたのが、あのhigeさんの教え子・・・なんて感慨深いんだ。ちなみにhigeさん↓ ※右です。中央は劇団員和泉。

とてつもなく嬉しい「ご縁」…
その彼女が昨年の【表現のチカラ】のクラウドファンディングに支援してくれ、更に今回、勤め先であるテレビ神奈川のこの番組と僕を繋いでくれた。…連絡をくれたのは去年の10月。そして今回、それが実現した。心から有難う、谷さん。
明らかにその気持ちも加味され「変なテンション」になってた。

何もかもに熱く厚く、心から感謝。応える。必ず。
さて「変なテンション」がどう出来に影響しているか・・・ONAIR見てみないと分かりません。

「IN THE DEVIL CASTLE !!」


歌ってきました・・・と言っても、2月28日の話。
何でこんなタイミングで紹介するかと言うと、世の中のコロナ騒動です。
発症する時期が4、5日から2週間の間らしく、大丈夫だろうけど、でも…これまで言いにくかった。
13日でちょうど2週間です。
当時は中止or決行で、仲間の間でも凄く揺れていました。
出演者やスタッフ、お客様の感染・発症リスクや、小屋とのキャンセル料の問題とか、その他色々、本当に色々…
今ようやくお客様含む関係者から出なかったと…ようやく確信出来て、ライブがとても楽しかったのは事実なので、今は「やって良かった」なんて思えるけど、この2週間は気が気じゃなかったなぁ。


前日稽古、修了時の記念撮影。写真…僕の隣が本公演の音響チーフ須川さんと、今回音響をやってくれた緒花ちゃん。そして前に居る4人がこのライブ「IN THE DEVIL CASTLE!!」を作った激富団員…
左から中、小川、中尾、和泉。ここに、主宰フランキー仲村は居ない。実は今回特に「やって良かった」と思えるのは…劇団史上初、このフランキー仲村が一切演出に関わらない劇団員による「ライブハウスでのイベント」だったって事。いつもは激富の稽古場兼アトリエ「G-SPACE」でイベントをしている彼ら。なので僕は、「何でもやろう、出来る出来ないは置いておいて、こいつらに言われたことは何でもトライしよう」…って姿勢で臨んだ。そういう意味でもこのライブに関われて本当に良かったなって思う。
…最初の写真は自分でも驚く。自分も見たことが無い雰囲気。まずこんな事でもない限り写真にある様な事態にならない。
ちなみにこの最初の写真はツイッターでお客様が紹介してくれてたのを拝借しました。歌の最中は撮影自由だったんです。自分で言うのも何だけど、カッコよく撮ってくれて有難う(笑)。

ライブの詳しくは…このツイッター「IN THE DEVIL CASTLE!!」を。そして是非、フォローをしてあげて下さい!紹介されている画像や動画はほぼ、2/28の大阪梅田amHALLでのライブです。世の中を楽しく明るくしたいって演ってます!
ちょっと長くなるけど・・・


これはバラした後の記念撮影。
ホールのスタッフさんを抜いてもこれだけの方があのライブに関わっている。本当に何事も無くて良かった。

でも残念ながら、本公演の激富HOLLYWOOD2019・2020「VITAL MAX〜ZEROの始まり〜」は、私はキャストでは無いけれど、これまた劇団史上初の「中止」を選択しました。

これも、決断するにあたって仲間の間で凄く、もの凄く揺れました。
まさに”苦渋”の選択でした。
公演やイベントをこの時期に打つのも、中止を選択するのも、キャストやスタッフ…関係する全ての人たちが色々な意見を持っていて、そこで話し合って、互いに揺れて、そして主催の団体が決断をし、想いを制御して皆が従う。
今の様な時期に示すこういった選択は、その企画を主催する団体にとっては何であっても、いつも以上にもの凄く価値がある様に思う。
どれを選んでも、素晴らしい英断だ。
上を向いて、明るく笑顔で。頑張れ、みんな。

ざっくり「表現者」と言われる職種はフリーランスが多く、社会では放置される立ち位置になりがち(個人の意見です)。
「喜怒哀楽」をいつでも表現して伝える事が出来る我ら。
こういう時期だからこそ、それがとても重要なスキルだって事を世間は知らない。
世間にそれを伝える努力を怠っていた僕らの責任もあるけど、僕はその「表現者」の社会的なステータスを上げたいって思っています。
上を向いて、明るく笑顔で、頑張ろう。

※写真、クリックすると大きくなります。

「吟剣詩舞(ぎんえいしぶ)」


元「激富/GEKITONG」、丸岡真由子…通称「まる」。
小野木と同期で2000年代初期の作品には劇団員として活躍してくれ、衣装もずっと担ってくれた。
そして今【表現のチカラ】でも、仲間になってくれ色々意見をもらってる。
その、まるが今頑張っているのが「吟剣詩舞」。
漢詩とか和歌を歌う「吟詠(ぎんえい)」に合わせて「剣舞(けんぶ)」や「詩舞(しぶ)」を行う日本の伝統芸能の総称だそうだ。
まるはそれを自身が女将を務める渋谷の居酒屋さん「つくね侍さかのうえ」で披露している。
写真は、剣舞を披露しているまる。

店内には、店員が紹介されていてそれぞれ何かしらの表現者。
しいたけ君は「たいせつなきみ」に一緒に出演した俳優。

まるは十なん年ぶりに激富の舞台に立ちます。
大阪公演はタイソン大屋が久しぶりに立って、まるが東京で立つのが身内の大きな話題。
きちんと宣伝してくれていました。

最後は一緒に観ていた、演出で副代表の林洋平と。

「昭和の世界観を今風で作った映画」

偶然観ていた「グエムル-漢江の怪物-」…
2006年の作品だったんだ。
韓国が建国して初めて作った怪獣映画だって聞いて観に行った。
ゴジラが米軍の核実験の放射能から生まれた怪獣だけど、きっと影響を受けたんだろうな…
グエムル誕生は漢江に駐韓米軍が不法投棄した化学薬品が原因。
そして、タランティーノの「フロム・ダスク・ティル・ドーン」を観た時の様な、観る前の印象と観た後の印象がガラッと変わった映画だった。
その「グエムル-漢江の怪物-」の監督と主演がタッグを組んだのがこの「パラサイト」。
あれから14年目の快挙!アジア初のアカデミー賞受賞作品で、更にいろいろな部門も総なめにした。
韓国の格差社会を笑いも交えて丁寧に描かれていて、中盤に盛り上がって、後半爆発する…
印象はグエムルと同じ、観る前と観た後でガラッと変わった。
でも韓国の貧困社会の雰囲気は戦後日本にどこか似ていて、上流階級が白人上流社会の真似事をしている様な雰囲気で、ちょっと反米感も感じた。
とても面白い映画だった。

「繋がる」

2月12日、先週のラジオでの告知を経て本番当日。
何と、元激富の”ひらっち”こと、平地恵が応援に来てくれた。音響宮本も元激富。離れても繋がりがあるのはとても嬉しいし、何より今僕自身が頑張っている企画の応援に来てくれたのが・・・まぁ、目的は横浜アリーナでのライブがメインらしいけど(笑)。
スタッフワークもお願いしたりして、無事終了。新横浜駅側にある、パンケーキが滅茶苦茶美味しいハワイアンレストランでご馳走した。

写真は、実施終了直後、片付けの最中…
今、とてもお世話になっている「本牧原地域ケアプラザ」の社会福祉士斉藤さん、生活支援コーディネーターの渡邊さんと一緒に。
4人とも大好きで大切な人たち。
自分を軸に別世界の仲間同士が繋がる瞬間も多幸感あるなぁ。

「マリンFM出演」

来週12日に迫った横浜市中区「本牧原地域ケアプラザ」での防犯演劇の実施。
今日はその告知を兼ねて、地元のコミュニティFMに出演してきた。
生放送。
経験のない事なので、緊張。
まぁ、伝えたいことは精一杯伝えられたかな。
収録した音声はこちら

写真は、お相手をしてくれた現役女子大生パーソナリティの横山珠夢さん、ディレクターの平野さんと。

「【表現のチカラ】第1回MTG」

今日は【表現のチカラ】の演者と演出・音響スタッフだけの第一回MTGだった。
2019/5/30(木)CFキックオフイベント
2019/8/29(木)CF達成御礼イベント
2019/11/12(火)18区実施キックオフイベント
そして、今日。
現在の進捗を共有して、提案をもらって、明日からの動きに弾みを付けた感じ。
激富もPROJECT一照も大阪の仲間。
HOMEである激富の皆はモ~レツに頑張っているので、寂しいなぁと思う事も度々。
あ〜地元にコアな仲間が居るって、良いなぁ。

今年は明けて早々にインフルエンザA型に初めてかかり、新年に引いた2回のおみくじがいずれも凶で、でも、でも、不思議と全く凹む事なく、昨年に同じく…
大言壮語で運や繋がりを引き寄せるスタンスで、もちろん誰よりも汗をかいて、CFに支援して下さった皆さんへの公約を果たします。
まだ2019年度、準備期間。
2020年度はこれから。
やるぞ〜

・・・っていう1日になりました。
皆さん、今年もよろしくお願いします。

「2019年切ない大賞」

え!?
今頃(笑)??
2010年にテレ朝のナイトドラマでやってたらしい。
東野圭吾「秘密」のドラマ版が「2019年切ない大賞」。

今年は映画よりもテレビドラマを数多く見た。
テレビドラマ・・・と言っても、アマゾンプライムで。
テレビは、NHKくらいかな。あとは録画して、未だ手付かず。
wowowのドラマを中心に30本近く見てるけど、残り半月・・・まだ観るだろうけど、恐らくはコレが一番だと思う。

主演は志田未来ちゃんと佐々木蔵之介さん。
ファンタジーなのに2人とも芝居が最高にリアリティあって抜群。
父親であり夫役、佐々木蔵之介さんの気持ち、痛い程分かるなぁ。
2人とも、気がフれそうなところまで芝居が突き進みます。
撮影現場、きっと凄かったやろうなぁ。
仕事の移動と合わせて一気に見て、泣けました〜

昔、「世界の中心で愛を叫ぶ」にどハマりし、ドラマに映画に原作にDVDまで買う始末だったけど、あれはおっちゃんが青春時代の非情な切なさを思ってハマっただけ。
コレは感情移入してしまう同世代の佐々木蔵之介が、あまりに残酷過ぎる設定で、もちろんそれは志田未来ちゃんも同じで・・・セカチューは超えました。ドラマが入り口だけど、設定がかなり変わる原作は既に購入済み。映画もプライムビデオで広末涼子と小林薫らしい、絶対見る。

写真は山下公園のラストシーン・・・
みなとみらいが海の向こうに見えたので「大さん橋」のベンチかな。
あ〜思い出しても、泣けます。

「初の劇団員公演」

 

劇団員のみの公演…
って、「のみ」なんてわざわざ言うまでもなく、当たり前の事かもしれないけど、でも激富では劇団員の3倍近い客演さんに助けてもらって公演を打っている。
だってフランキーの作風や世界観は劇団員だけじゃ絶対無理。形に出来ない。だから客演さんには感謝、感謝。でも…

自力だけでサンモールを埋める
自力だけであの空間を作る

俺ら自力でこれをここで打つぞ〜っていう気負いが、舞台に立つ自分の背中を押してくれた感覚がきっとあって…それが何だか羨ましいなぁと、何か、ちょっとだけ話せた関さんの言葉を聞いて、感じた。

入り口には関根さんが居た。
関根さん、来年よろしく!
もちろんスケジュール合えば(笑)。…ブレた(泣)。

帰り際、最近Twitterを見てないから全く知らなかった…
既に周知の、僕にとっては驚きの発言を伊東ちゃんからもらった。
チャレンジに至るまでの葛藤たるや…きっと…
中尾さんから温かい言葉をもらったそうだ。
僕もチャレンジ中。
中尾さんに背中叩いてもらっている。
幾つになってもチャレンジ、チャレンジ。
共に頑張ろう。

木村のパンフの位置が妙に嬉しかった。
一緒のページに写ってるのは伝さんに酒井君にかわしー。
すげぇ、すげぇぞ木村!
波岡さんに尾田木さんにたまちゃんに真砂さんに井上さんに鈴木くんに吉岡くんに八木橋さんに声をかけてもらった…受付には東ちゃんも居て、会えなかった森田も頑張ってたし岡本君も山口君も、西田さんも美味しかったなぁ、あの役…
イイなぁDC。 

っていうかこの作品、もう一回観たいなぁ。
発見、山ほどあると思う。

「ARIGATO YUINA ソロライブ」

実は見られず…
同じく六本木で仕事があって、終えて、ライブの中頃に入り口に着いたんだけど…
ライブハウスの造りから、非常に中に入り辛く(泣)。
終わって客出し中に御邪魔してお花を手渡した。
林君は演出家目線で来てた。
結奈に、横浜2020のテーマ曲を作ってもらいます。
この間歌詞の原案と想いを伝えた。
楽しみだ。

3人とも【表現のチカラ】!