「2019年切ない大賞」

え!?
今頃(笑)??
2010年にテレ朝のナイトドラマでやってたらしい。
東野圭吾「秘密」のドラマ版が「2019年切ない大賞」。

今年は映画よりもテレビドラマを数多く見た。
テレビドラマ・・・と言っても、アマゾンプライムで。
テレビは、NHKくらいかな。あとは録画して、未だ手付かず。
wowowのドラマを中心に30本近く見てるけど、残り半月・・・まだ観るだろうけど、恐らくはコレが一番だと思う。

主演は志田未来ちゃんと佐々木蔵之介さん。
ファンタジーなのに2人とも芝居が最高にリアリティあって抜群。
父親であり夫役、佐々木蔵之介さんの気持ち、痛い程分かるなぁ。
2人とも、気がフれそうなところまで芝居が突き進みます。
撮影現場、きっと凄かったやろうなぁ。
仕事の移動と合わせて一気に見て、泣けました〜

昔、「世界の中心で愛を叫ぶ」にどハマりし、ドラマに映画に原作にDVDまで買う始末だったけど、あれはおっちゃんが青春時代の非情な切なさを思ってハマっただけ。
コレは感情移入してしまう同世代の佐々木蔵之介が、あまりに残酷過ぎる設定で、もちろんそれは志田未来ちゃんも同じで・・・セカチューは超えました。ドラマが入り口だけど、設定がかなり変わる原作は既に購入済み。映画もプライムビデオで広末涼子と小林薫らしい、絶対見る。

写真は山下公園のラストシーン・・・
みなとみらいが海の向こうに見えたので「大さん橋」のベンチかな。
あ〜思い出しても、泣けます。

「初の劇団員公演」

 

劇団員のみの公演…
って、「のみ」なんてわざわざ言うまでもなく、当たり前の事かもしれないけど、でも激富では劇団員の3倍近い客演さんに助けてもらって公演を打っている。
だってフランキーの作風や世界観は劇団員だけじゃ絶対無理。形に出来ない。だから客演さんには感謝、感謝。でも…

自力だけでサンモールを埋める
自力だけであの空間を作る

俺ら自力でこれをここで打つぞ〜っていう気負いが、舞台に立つ自分の背中を押してくれた感覚がきっとあって…それが何だか羨ましいなぁと、何か、ちょっとだけ話せた関さんの言葉を聞いて、感じた。

入り口には関根さんが居た。
関根さん、来年よろしく!
もちろんスケジュール合えば(笑)。…ブレた(泣)。

帰り際、最近Twitterを見てないから全く知らなかった…
既に周知の、僕にとっては驚きの発言を伊東ちゃんからもらった。
チャレンジに至るまでの葛藤たるや…きっと…
中尾さんから温かい言葉をもらったそうだ。
僕もチャレンジ中。
中尾さんに背中叩いてもらっている。
幾つになってもチャレンジ、チャレンジ。
共に頑張ろう。

木村のパンフの位置が妙に嬉しかった。
一緒のページに写ってるのは伝さんに酒井君にかわしー。
すげぇ、すげぇぞ木村!
波岡さんに尾田木さんにたまちゃんに真砂さんに井上さんに鈴木くんに吉岡くんに八木橋さんに声をかけてもらった…受付には東ちゃんも居て、会えなかった森田も頑張ってたし岡本君も山口君も、西田さんも美味しかったなぁ、あの役…
イイなぁDC。 

っていうかこの作品、もう一回観たいなぁ。
発見、山ほどあると思う。

「ARIGATO YUINA ソロライブ」

実は見られず…
同じく六本木で仕事があって、終えて、ライブの中頃に入り口に着いたんだけど…
ライブハウスの造りから、非常に中に入り辛く(泣)。
終わって客出し中に御邪魔してお花を手渡した。
林君は演出家目線で来てた。
結奈に、横浜2020のテーマ曲を作ってもらいます。
この間歌詞の原案と想いを伝えた。
楽しみだ。

3人とも【表現のチカラ】!

「2度目の四季」

実写映画の「ライオンキング」を観て、感動で劇団四季のも観たくなり、劇団四季の会員になり、チケットを取ったのが8月。そして、行ってきました…
恥ずかしながら、初・四季の「ライオンキング」。
12/20で20周年にもなるのに…

しっかし、オープニングのサークルオブライフのど頭、
上手からキリンのクビが二つちょろっとのぞいた時には…
もー感動で涙腺崩壊でした。
横を象が歩いた時には虜でした。

なるほど…

これは、凄いわ…

こういう事なんか…

納得。
明日、KAATの「マンマミーア」会員先行!
ええ、取ります。実写3回行った程にハマったミュージカル映画ですから。

「激富シネ倶楽部」

激富2019『VITAL MAX~ZEROの始まり~』大阪公演、観てきました。
安定の劇団員の中、「帰ってきたタイソン大屋」が居ました。
彼は2001年、2002年と激富に出ていたんです。
「激富シネ倶楽部」時代に。
17年とか18年前。
嬉しかったなぁ〜
きっと、誰よりも嬉しかったと思う。

あと、やっぱり、やられ役(カラミ、コロスも)は大事。
タイソンと中和泉との芝居はカッコ良かったです。
あの見事なヤラレっぷり。歳感じさせず、年季入ってました(笑)。

「一周忌」

この間の11/27は「いいツナの日」。
当カフェの店主が虹の橋を渡った日だ。
一年前のその日、献杯したくて立ち寄った海鮮居酒屋さんにまた行ったら覚えていてくれた。
写真は中トロと赤身の刺し盛り。

そして今日、お世話になった病院の先生に挨拶に行こうと準備してたら、珍しく姿を現した。

病院へ向かう車中、虹が見えた。

俺は頑張ってます。
これからもよろしく!

「年齢なんか関係無い!」

昨日、大谷彌生さんが企画したイベントに行ってきた。
70代、人生の先輩。
出演されているのは皆、彌生さんと歳の変わらない演者の皆さん。


進行が・・・前説、「語り」、歌、「一人芝居」、休憩、「カルテットによるコント」、歌、後説といった感じで、彌生さんが全てを取り仕切っている。

彌生さんと出会ったのはクラウドファンディングのキックオフの日、5月30日。「架空請求」のハガキが来たのよ〜と、毎日新聞の記事を読んで駆けつけてくれた。6月28日には彌生さんがライフワークとされている学校公演「ヒロシマのホタル」という一人芝居を観にいった。感動して、一気にファンになった。
写真はその時のもの。

今回のイベントもめちゃくちゃパワフルで、詐欺の話題も盛り込んでくれていて、嬉しかった。
見た目相応なのに、心臓はポルシェのエンジンですね・・・ってメールした(笑)。
【表現のチカラ】プロデュースの本編(何も決まってないけどw)で、必ず共演を果たします!

「浜田省吾は66歳、はだ一朗は48歳」

3時間弱のファンクラブ限定ライブ。
昨年は11月4日。ちょうど一年前。
ファンになったのは20歳。つまり浜田省吾は38歳。
28年か…

この道の彼方
約束されたはずの場所があると信じて生きたい
もう一度「孤独」に火をつけて
(ON THE ROAD)

どんなに遠くてもたどり着いてみせる
石の様な孤独を道連れに空とこの道出会う場所へ
(家路)

今の僕のテーマ曲(笑)。

「悲しく、テーマは重い」

タイムリーだったなぁ。
つい先日、トゥレット症候群を初めて耳にしたところだった。
やがてジョーカーになる主人公も、この病気で、不随意運動として「笑い」の発作が起きる。
人前で突然発作が起きるので、変な目で見られない様に「病気です」ってカードを持ち歩いている。
生活環境も厳しく、明確に社会的弱者、マイノリティとして描かれていて、未熟な社会の中でどんどん生きづらくなっていった結果、ジョーカーが生まれる。

深い。
そして悲しい。
そして、ジョーカー的心情を抱いた犯人が起こした事件がそこかしこで起こっている現実に、ちょっと怖くなった。

「大人と子供が感じる恐怖の違い」

「貞子3D」やったかな。
蜘蛛みたいに最後になっちゃう貞子絡みの映画。
ペニーワイズも同じ方向に進んだなぁ・・・

前作は子供時代で、子供目線の恐怖を描いていて、ペニーワイズも真骨頂発揮って感じだった。
でも今作は、やっぱり相手が成長した大人なので、なんというか、恐怖の感じ方が違うところを描きたかったのかなぁって思った。

最後はジーンと来て、やっぱりスティーブンキング。
「スタンドバイミー」を思い出しました。
「IT」の原作、買ったのにまだ読めてない。