「恐ろしい未来」

CMでCGのガンダムが出る映画って事で認識はしてたんだけど、そんなに興味は無かった映画。
ただよく聞く朝のラジオで、この映画に出演している森崎ウィンって俳優が終日ラジオ局を番宣絡みでジャックしてて、それでちょっと興味わいて昨日、観てきました。

先のマーベル・シネマティック・ユニバースは、独立したマーベルの超人達を同じ世界観で描いてワクワクさせてくれる。この「レディ・プレイヤー1」も同じ。色んな映画やアニメのキャラクターやシチュエーションがどんどん出てきて、敵同士になったり協力したり、それが日本のカルチャーがかなり絡んでいてワクワクしっ放しだった。
アキラの金田のバイクとか、僕の世代はドンピシャ。
でも、それもこれもVRならば可能って事。
全体通して、ワクワクと並行して感じたのが「恐ろしさ」。
人間同士の温かさのあるコミュニケーションが、自分が操作するアバター(オンラインゲームの中のキャラクター)同士でも可能なのか。
向こう側でアバターを操作している人間がどういう人間かもわからないのに。
でも、人間同士でも表情や温もりはあっても腹の底はわからないし。
・・・なんてグルグル。ちょっと、未来が怖くなった映画でした。

そして台本読んだから思うんやけど、激富の今年の本公演「ダッシュ!!!」にかぶる部分があって…こういうの激富の公演ってよくあるんです。
公演前に似た現実が起きたり、公演後に似た現実が起きたり…
パッて思い出すのは2005年の「BARREL」・・・稽古中、オイルショックの影響が日本に出ているニュースで連日流れてた。
それから3年前の「ZEN」、これも稽古中にパリの多発テロが起きて、自分の台詞がまさにそれを表現してて、口にするのが苦しかった。
フランキーさんのアンテナが時代が抱える問題とかにやっぱリンクしているって事やろな。

激富2018「ダッシュ!!!〜Take by force〜」
オチをまだ知らないけども、今の時代に警鐘を鳴らす作品で、フランキーさん流の希望のある未来を必ず感じさせてくれる作品です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。