「たいせつなきみ」紹介③


小林大介さん。
クレバーでスマートで(どちらもいい意味で)ジェントルマン!そして羨ましい位に力が抜けていて、言葉にユーモアがある。自分が思い描くまさに「欧米の、社会からちゃんとリスペクトされている舞台俳優」のイメージです。今風でも有り、モノクロの映画にも出ていそうな…。実はワンシーン、立ち位置的に顔が向き合うところがあって、稽古中に大介君が吹き出してしまった記憶が頭に焼き付いて、どうやっても全く消えず、本番、そこが自分的に超・要注意な箇所の一つ。絶対に見ない。こっち向くけど見ない。お客様にはバレない(笑)。

椎名茸ノ介さん。
実は偶然にも共通の知人がいて、一方的に知っていた。さらに偶然、TARAKOさんのWAKUプロデュース「Birthday2018」という作品を観た時に隣の席で、関さんと一緒に座っていた(笑)。顔合わせの本読みの時、流れたキンソンを聞いて感極まる椎茸君が皆さんに突っ込まれて、あぁ、ここも客席から感じた通りの空気感だ…そこに自分が居るんだ…って感じたのと同時に、自分の背筋がビッと伸びました。あの感覚のまま稽古して来られたと思う。本番も、千秋楽のその時まで、あの椎茸君にきちんと胸を張れる自分で居たいとずっと思っています。

オマケ。
この間の激富2019「Vapor Trail〜想いの真ん中〜」で偶然同じ回に来てくれた北澤友梨枝ちゃんと。まさにちょうど一ヶ月前。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です