「政治経済入門!でも大事なのは…」


昨年の「だまされないプロになろう!」4区実施がお世話になった文化庁AFF。舞台だけじゃなく、映画や音楽、アニメ制作も活用されているので、どんなものがあるんだろう…とアンテナはってて、知った映画。

政治経済って僕も歳食ってから興味を持ち始めたので、若い子たちに「興味持て〜」「自分ごとに〜」なんて無理な話。
そんなものの仕組みや消費税のカラクリが分かりやすく伝えられているし、こういうものも色々な表現の形として一杯生まれたら良いのに。若い子たちの入り口にはきっとなるはず。自主制作テイストも香ってて…個人的に、とっても楽しい映画でした。

ただ・・・

描かれている内容を「そうだったんだ」とまんま受け取るのではなく、自分で改めて調べてみる事が大事。題材は現実に寄せているのでどうしても作り手のイデオロギーが描かれるし、まさかソコを伝えたい訳じゃないはずだし、何よりフィクションだし。
扱っている題材に気を配って、若いお客さん向けにそんなアナウンスでも最後に有れば良かったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。