「人間の可能性」

ずっと気になっていたドキュメンタリー映画。
都内の某保育園で実際に行われている取り組みを、園児たちを主役にして撮影したもので、笑いと感動、感嘆がぎっしり。
環境を変える方法って色々あるけど、それは自分が今の歳になって分かったことで子供だった頃は分からない。
親も含めて周囲の誰かの「普通」や「当たり前」「理想」に制限されていくので、どうしても環境で子供の個性は矯正されていく。
ちょっとネガティブな書き方だけど決して悪く書いているつもりはなくて、人格形成ってそういうものだと思う。
でも、この映画みたいな環境が全ての子供に整えてあげられたら…
自分の意見を大事にして、人の意見にも耳を傾け、みんな違ってみんな良い!って言える人間ばかりになるだろうなぁ・・・って感じた。
あぁ「自己肯定感」!
百聞は一見にしかず。是非、沢山の大人に見て欲しい。
ちょうど、NHKでの特集がYouTubeに上がってたので共有。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。