「認知SHOWTIME!」


2021年9月21日(火曜日)【表現のチカラ】第四話がスタートした。
この日は世界アルツハイマーデー。
1994年、スコットランドのエジンバラで開催された第10回国際アルツハイマー病協会国際会議で制定された。
奇遇にもエジンバラは世界の演劇の祭典「フリンジ」が行われる街。認知症の予防や進行を弱める事、ケアをする人のスキルとの親和性が、演劇は非常に高いと以前から聞いていた。
白根地域ケアプラザのスタッフのお声がけで制作が始まったのが5月の頭。「認知SHOWTIME!」は表現のチカラ初の完全なワークショップとして誕生した。相方は伊藤えりこちゃん。


実施する事で得られた「認知症サポーター」の証。
参加した23人のシニアの皆さん、楽しかった、大笑いした・・・と帰っていかれた。
楽しい、ワクワクで社会問題を発信するのが【表現のチカラ】。


荒削りだけど、まずは一歩を踏み出せた。
「認知SHOWTIME!」の今日がバイブル。
大事にしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。