「昭和の世界観を今風で作った映画」

偶然観ていた「グエムル-漢江の怪物-」…
2006年の作品だったんだ。
韓国が建国して初めて作った怪獣映画だって聞いて観に行った。
ゴジラが米軍の核実験の放射能から生まれた怪獣だけど、きっと影響を受けたんだろうな…
グエムル誕生は漢江に駐韓米軍が不法投棄した化学薬品が原因。
そして、タランティーノの「フロム・ダスク・ティル・ドーン」を観た時の様な、観る前の印象と観た後の印象がガラッと変わった映画だった。
その「グエムル-漢江の怪物-」の監督と主演がタッグを組んだのがこの「パラサイト」。
あれから14年目の快挙!アジア初のアカデミー賞受賞作品で、更にいろいろな部門も総なめにした。
韓国の格差社会を笑いも交えて丁寧に描かれていて、中盤に盛り上がって、後半爆発する…
印象はグエムルと同じ、観る前と観た後でガラッと変わった。
でも韓国の貧困社会の雰囲気は戦後日本にどこか似ていて、上流階級が白人上流社会の真似事をしている様な雰囲気で、ちょっと反米感も感じた。
とても面白い映画だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です