「IN THE DEVIL CASTLE !!」


歌ってきました・・・と言っても、2月28日の話。
何でこんなタイミングで紹介するかと言うと、世の中のコロナ騒動です。
発症する時期が4、5日から2週間の間らしく、大丈夫だろうけど、でも…これまで言いにくかった。
13日でちょうど2週間です。
当時は中止or決行で、仲間の間でも凄く揺れていました。
出演者やスタッフ、お客様の感染・発症リスクや、小屋とのキャンセル料の問題とか、その他色々、本当に色々…
今ようやくお客様含む関係者から出なかったと…ようやく確信出来て、ライブがとても楽しかったのは事実なので、今は「やって良かった」なんて思えるけど、この2週間は気が気じゃなかったなぁ。


前日稽古、修了時の記念撮影。写真…僕の隣が本公演の音響チーフ須川さんと、今回音響をやってくれた緒花ちゃん。そして前に居る4人がこのライブ「IN THE DEVIL CASTLE!!」を作った激富団員…
左から中、小川、中尾、和泉。ここに、主宰フランキー仲村は居ない。実は今回特に「やって良かった」と思えるのは…劇団史上初、このフランキー仲村が一切演出に関わらない劇団員による「ライブハウスでのイベント」だったって事。いつもは激富の稽古場兼アトリエ「G-SPACE」でイベントをしている彼ら。なので僕は、「何でもやろう、出来る出来ないは置いておいて、こいつらに言われたことは何でもトライしよう」…って姿勢で臨んだ。そういう意味でもこのライブに関われて本当に良かったなって思う。
…最初の写真は自分でも驚く。自分も見たことが無い雰囲気。まずこんな事でもない限り写真にある様な事態にならない。
ちなみにこの最初の写真はツイッターでお客様が紹介してくれてたのを拝借しました。歌の最中は撮影自由だったんです。自分で言うのも何だけど、カッコよく撮ってくれて有難う(笑)。

ライブの詳しくは…このツイッター「IN THE DEVIL CASTLE!!」を。そして是非、フォローをしてあげて下さい!紹介されている画像や動画はほぼ、2/28の大阪梅田amHALLでのライブです。世の中を楽しく明るくしたいって演ってます!
ちょっと長くなるけど・・・


これはバラした後の記念撮影。
ホールのスタッフさんを抜いてもこれだけの方があのライブに関わっている。本当に何事も無くて良かった。

でも残念ながら、本公演の激富HOLLYWOOD2019・2020「VITAL MAX〜ZEROの始まり〜」は、私はキャストでは無いけれど、これまた劇団史上初の「中止」を選択しました。

これも、決断するにあたって仲間の間で凄く、もの凄く揺れました。
まさに”苦渋”の選択でした。
公演やイベントをこの時期に打つのも、中止を選択するのも、キャストやスタッフ…関係する全ての人たちが色々な意見を持っていて、そこで話し合って、互いに揺れて、そして主催の団体が決断をし、想いを制御して皆が従う。
今の様な時期に示すこういった選択は、その企画を主催する団体にとっては何であっても、いつも以上にもの凄く価値がある様に思う。
どれを選んでも、素晴らしい英断だ。
上を向いて、明るく笑顔で。頑張れ、みんな。

ざっくり「表現者」と言われる職種はフリーランスが多く、社会では放置される立ち位置になりがち(個人の意見です)。
「喜怒哀楽」をいつでも表現して伝える事が出来る我ら。
こういう時期だからこそ、それがとても重要なスキルだって事を世間は知らない。
世間にそれを伝える努力を怠っていた僕らの責任もあるけど、僕はその「表現者」の社会的なステータスを上げたいって思っています。
上を向いて、明るく笑顔で、頑張ろう。

※写真、クリックすると大きくなります。

「IN THE DEVIL CASTLE !!」」への2件のフィードバック

    • >>>じゅびろさん
      コメント有難うございます。
      応援は仲間達の励みになります。
      これからもよろしく・・・今日も実は連絡ありましたが、色々画策しているようですよ(笑)。
      激富/GEKITONGは元気で明るく、前向きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です