「大人と子供が感じる恐怖の違い」

「貞子3D」やったかな。
蜘蛛みたいに最後になっちゃう貞子絡みの映画。
ペニーワイズも同じ方向に進んだなぁ・・・

前作は子供時代で、子供目線の恐怖を描いていて、ペニーワイズも真骨頂発揮って感じだった。
でも今作は、やっぱり相手が成長した大人なので、なんというか、恐怖の感じ方が違うところを描きたかったのかなぁって思った。

最後はジーンと来て、やっぱりスティーブンキング。
「スタンドバイミー」を思い出しました。
「IT」の原作、買ったのにまだ読めてない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です