「ほっこり涙が止めどなく…」

LiLiCoさんがテレビで紹介してたおススメのミニシアター系4本のうちの1つ「ブリグズビー・ベア」を観てきた。
この手の事件は日本でも起きているから観る上で構えてしまうんだけれど…
その先入観を演出で見事にズラしていって感じて欲しい部分に観客の意識を向けさせる。
結果、犯人を含む全員に愛を感じてしまい、後半怒涛の様に感動が押し寄せる。
ほっこり温かい気分に包まれてハンカチ目に当てエンドロールを見る。
そこで流れるチープなタイトル曲を聞いて余計に涙が出る。
…そんな映画でした。
「他人の評価なんか関係ないよ。君はやり切ったんだ。」
友人スペンサーの笑顔で言うこの台詞が特に響いた。
感じた事、気がついた事、他にもいっぱい口にしたいけど我慢。
公開数が縮小傾向にあるので、どうか是非観に行って下さい。
素晴らしい映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。