「しあわせの絵の具」

毎朝聴いてるFMのDJが熱く喋ってて興味を持った映画。
リウマチを患いながら素晴らしい絵を描いたモードルイスってカナダ人の画家の半生を描いた作品なんやけど、このご主人役イーサン・ホークの無骨・不器用・無愛想…からちょいちょいこぼれる優しさの表現にじ〜んと…
淡々と描かれる2人の質素な暮らしに引き込まれました。
写真は、ご主人と暮らした小屋のレプリカ。
幸せのカタチは人それぞれ…
何も無い暮らしの様に見えて実はそこには沢山あって、二人は本当に幸せに満ちてた様に思えた。
感動した。
沢山の絵も最高に可愛いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です